三鷹市剣道連盟年表

 

出来事

備考

昭和32年

・三鷹市剣道連盟創立(4月1日)
初代橋本利一会長就任
東京都剣道連盟に加盟
・所属団体は愛好会、防犯少年、日本無 線、富士重工の4団体が加盟.
第一回近藤勇慰霊剣道大会開催
・規約が作成、承認され8月12日より施行

昭和40年

・「多摩剣道連合会」の設立により加盟
竹水剣友会加盟(創立は昭和32年)

昭和41年

・二中OB創立

昭和42年

・近藤勇100年祭記念剣道大会(三鷹剣連主催) 会費500円
会員172名
・8支部:事務局所属、近藤道場(撥雲館)、防犯少年剣道部、富士重工業剣道部、三鷹市剣道愛好会、日本無線剣道部、三鷹二中OB剣道会、日産自動車剣道部(プリンス自動車)

昭和43年

・三鷹総合第一体育館竣工

昭和44年

・第3回市町村大会三鷹市で開催

昭和45年

・三鷹武道館創立
・富士見創立

・国際基督教大学(ICU)剣道部創立

昭和46年

  会費1000円
会員187名

昭和47年

・高山剣道会創立

昭和48年

・二代石川金次会長就任
三鷹総合第二体育館竣工(武道場で以降、剣道大会や合同稽古を開催するようになる)
東京都教育委員会賞受賞
一般市民を対象とした剣道教室を開催(以降連盟行事として毎年開催)
登録人数193名9支部(武道館、防少、富士重工、愛好会、日本無線、二中OB、農協、ICU、富士見)

昭和49年

・福島県矢吹町と体育交流実施
(於矢吹町)

・都民大会剣道大会三鷹(総合第一体育館)で開催

昭和50年

・三鷹剣道同好会創立
・矢吹町と第2回体育交流実施(於三鷹)

昭和52年

・剣連創立20周年記念剣道大会開催

昭和53年

・西三鷹宗武館創立

昭和54年

・常喜会創立

昭和55年

・福島県矢吹町と体育交流実施
(於矢吹町)以降昭和62年まで毎年交互に開催
椎名先生、鶴岡先生が井口CCで西部住民協議会主催剣道教室を開催

昭和56年

・第1回三鷹西部住民協議会主催の剣道大会開催(井口CC、以降現在まで毎年)

昭和59年

・役員の定員数などに関する規定を改正
(7月8日より施行)
会員数402名、15支部

昭和62年

・三代加藤伊助会長就任

昭和63年

・石川会長が近藤勇記念碑を龍源寺に建立

平成3年

・四代板橋宗市会長就任 会員数365名

平成8年

  会員数279名、15支部

平成9年

・剣連合同合宿開催(川上郷自然の村)

平成11年

・三鷹市公立中学校林間学校剣道指導者派遣
(川上郷自然の村)
油井先生、関口先生、伊勢先生

平成12年

・五代吉野惣一郎会長就任
・慶弔に関する規定を改正(2月20日より施行)

平成13年

・種目別少年スポーツ大会小学生の部で団体戦(3人戦)を採用開始

平成17年

・4月、会費を3500円に値上げ

平成18年

・50周年記念事業準備に入る

平成19年

・5月27日、創立50周年記念大会開催
・同日五十周年記念祝賀会開催
会員数211名、13支部

平成20年

・六代高橋正登会長就任

平成28年

・10月29日、創立60周年記念祝賀会開催