剣心旗剣道大会

11月24日(土)主催:東京松武会、開催場所:昭和高校

【小学生】
1回戦
×三鷹市剣道連盟1(1) -2(3)多西剣友会○
先鋒   ×竹下大智(西三鷹宗武館)          - メド 森下○
中堅 ○清水健生(三鷹武道館) メ     -          松木×
大将   ×岡村雄人(三鷹武道館)          - メ     塩野○

【岡村雄彦監督所感】
西東京大会に出場した5・6年生のメンバーで臨みましたが、残念ながら1回戦敗退となりました。技術面の差はないものと感じましたが、対戦チームのほうが団体戦の試合運びを心得ており、先鋒戦をとられて流れを引き寄せられ、そのまま逃げ切られてしまいました。
大変悔しい敗戦でしたが、各選手とも思い切って技を出した場面もあり、心技体をさらに磨き、試合の流れのつかみ方を学ぶことで、もっと強いチームになることができると思っております。
今回、初めて監督を拝命いたしましたが、チームを勝たせることができず、力不足を痛感しております。私自身、もっと修行し、子供達が勝利の喜びを得られるよう、指導してまいりたいと思っております。

中学生
[一回戦]
対元木剣友会  3勝
先鋒: 石崎恵士(三鷹武道館) メ –  仲嘉(渉)
中堅: 小室琥次郎(三鷹六中) メメ – 南條
大将: 酒谷大貴(三鷹警察) メメ – 仲嘉(悠)

[二回戦]
対昭島中央剣友会(優勝チーム) 3敗
先鋒: 石崎  – メメ 大澤
中堅: 小室  – メメ 大越
大将: 酒谷大貴 ド – メコ 武石

【福井雅和監督所感】
西東京大会の主力選手が抜け、全員中学一年生のメンバーで出場しました。試合前選手達にはチームの勝利に拘ることと、一本の大切さを意識することを伝え試合に臨みました。
初戦はそのテーマを各自しっかり意識し、まったく危なげない試合運びで勝利しました。
二戦目は優勝チームとの対戦となり敗退してしまいましたが、選手達全員が強豪相手に臆することなく善戦することができました。
また全国トップクラスの選手と対戦できたことで得るものも多かったのではないかと思います。
最後になりますが応援に駆けつけていただきました保護者の皆様に御礼を申し上げます。
ありがとうごさいました。

〈一回戦〉
三鷹市2-0 福生市立第二中学校
先鋒:内藤真由(三鷹武道館) ドメ- 井上
中堅 : 松本小百合(高山剣道) ド - 宮寺
大将: 岡美帆(三鷹中等) メ -メ 相原
〈二回戦〉
三鷹市0-3 金龍館道場
先鋒:内藤 -ココ 松崎
中堅:松本 -メ 尾作
大将: 岡 -コメ小澤

【東玲子監督所感】
一試合目は、先鋒の早い仕掛けで二本勝ちした勢いを中堅がつなぎ、序盤やや硬さが見られた大将が一本取られるも、後半は自分のペースを取り戻し、いい流れで勝つことができました。
二試合目は、強豪相手に、勝利という結果こそ出すことはできませんでしたが、各々が実力以上の力を出して、気持ちで負けない試合をしてくれたと思います。
監督としては、負けはしましたが、二試合目の選手たちの頑張る姿に、今後を期待することができました。ぜひこの経験を、これからの稽古、試合に生かしていってほしいと思います。

以上

カテゴリー: News