第9回西東京女子剣道優勝大会の結果

第9回西東京女子剣道優勝大会の結果を報告します。

団体戦
先鋒 前橋   中堅 谷口  大将 今野
三鷹3-0小金井
三鷹1-2青梅
二回戦敗退。

所感
今回から、年齢の枠が撤廃された事により、団体戦は20代の若手で構成しました。他の団体も若さが溢れ、活気に満ちておりました。
三鷹は結果が残せませんでした。
しかし、勝ち数の4試合は全て二本勝ち
しかも、3人は接戦の末の捨て身の技が光り、一本一本を獲得しています。
特に、青梅戦での先鋒前橋の攻めて打ち勝った面は印象に残りました。
この試合での技ひとつひとつは会場を沸かせました。
また、試合場の審判主任の先生からは、閉会式後、「三鷹の選手が出した技は真っ向勝負で気持ちがいい!ダイナミックな技が素晴らしい!」
とお褒めの言葉をいただきました。
このような、良いところを伸ばしつつ
試合の経験値を上げることで、上位入賞を狙えるチームとなるでしょう。
これから、女性ならではの柔らかさと技術に磨きをかけるべく、稽古の機会を広げていく予定です。
先生方々のご指導、これからもよろしくお願いいたします。

                                  監督 武井 香

優勝  小平
準優勝 多摩市
3位 府中市
3位 青梅市

続いて
第18回西東京女子選手権大会の報告です。

1部   尾﨑、今野、谷口、前橋
2部  東、井上、川野

今野、川野     二回戦敗退
前橋、尾﨑、谷口、井上、東    初戦敗退

残念ながら、都大会の切符はいただく事はできませんでした。
川野選手の一回戦では、高段者の相手に対して、攻め勝ちお手本のような綺麗な小手が決まり、印象に残りました。
他にもレベルの高い試合展開が沢山あり、厳しい結果となりましたが、個々の課題は明らかとなり、次につながる試合内容でした。

開会式では、下山・尾﨑組の日本剣道形の演武が披露され、大会に相応しい素晴らしい剣道形でした。
尾﨑選手は早朝から、演武と試合者と大変お疲れ様でした。

1部
優勝 志村 小平市
2位  奥田 府中市
3位 池田 町田市
3位 長門石 多摩市

2部
優勝 鎌田 東久留米市
2位 出原 東久留米市
3位 飛永 愛友会
3位 菊池 小平市

カテゴリー: News, Taikai, Taikai_report