調布市剣道連盟主催錬成会

本日開催された調布市剣道連盟錬成会の試合結果について、以下のとおりご報告いたします。
【試合結果】
《チーム成績》
    2勝  3敗
      勝利  ➡︎  東村山市(2試合)
      敗北  ➡︎  調布市、府中市、小平市
《個人成績》
    先鋒  稲富  0勝  3敗  2引分
    次鋒  田辺  0勝  4敗  1引分
    五将  内藤  1勝  4敗
    中堅  中村  1勝  2敗  2引分
    三将  小寺  4勝  0敗  1引分
    副将  武井  2勝          3引分
    大将  長尾  3勝  1敗  1引分
〔監督所感〕
三鷹市剣道連盟の合同稽古を含めると、1月から11回(昨年19回)の強化稽古を実施し、子供達は着実に力を付けてきています。
今日の試合は自分の力を試す絶好の機会であり、本番を想定した重要な錬成会でした。
しかし、残念ながら、他の団体と比較すると三鷹の子供達には「絶対に勝つ」と言う気迫が不足していました。
かなり緊張していたこともあり、木刀の試合では木刀の振りの鋭さがありませんでした。
木刀の試合で負けると、1本勝負の試合に勝たなくてはいけないにもかかわらず、自分から攻めてくずして技を出すことができていない選手がいました。
その中でも、先鋒の稲富選手は、2年生にもかかわらず木刀の試合で非常に良い内容の試合をしていました。
大将の長尾選手も、大将としてチームを引っ張っていくんだという気迫がありました。
他の選手もこの2人の選手同様、気迫にあふれ、大きな声で頑張ってもらいたいと思います。
本番まで残すところあと1ヶ月となりました。
木刀は調整が必要な選手もいますが、あとは気持ちの問題です。
各自が選手という自覚を持ち、選手になれなかった子供達のためにも、強化稽古の他、道場での稽古、各自自宅での木刀の素振りなど、しっかりと取組んでもらいたいと思います。
最後になりましたが、毎回、応援いただく保護者のみなさまに感謝申し上げます。
いつもありがとうございます。
優勝目指して頑張りましょう。
                                          三鷹市剣道連盟
                                              Jr育成指導者
                                                     武井    学
東京都少年剣道大会
3月19日(日)
東京武道館 10時開始
なお、3月5日(日)三鷹市春季少年剣道大会開会式において、代表選手による木刀による剣道基本技稽古方の演武を披露する予定です。
カテゴリー: News, Taikai, Taikai_report