第11回東京都少年剣道大会試合結果

東京都少年剣道大会における、試合結果及び監督所感をご報告いたします。

東京都少年剣道大会【2016年3月13日(日)】

東京都少年剣道大会 2016.3.13

〈一次リーグ〉
中央区  4-3  勝ち
杉並区B  3-1  勝ち

〈二次リーグ〉
調布市  1-4  負け

【監督所感】
一次リーグ初戦は硬さがみられ、木刀試合の判定に不運もあり大将戦までもつれ込みましたが、大将長尾くんの活躍により勝利することができました。
2戦目は硬さもとれ、木刀の試合で圧勝することができました。
二次リーグに入り、優勝(三連覇)した調布市との対戦となりました。
第9回大会においても2次リーグで調布市と対戦し(この大会も調布市が優勝)本数負けを喫しているだけに、胸を借りるつもりで挑みましたが勝利することができませんでした。
木刀の試合は審判の判定の旗が割れ、三鷹市も調布市も甲乙付けがたく、審判泣かせの試合になりました。
次鋒内田くん、五将松本さん、副将武井さんの判定が三鷹市に上がっていればと、本当に僅差の試合でした。
勝つことはできませんでしたが、強化稽古でやってきたことは十分出すことができたと思います。
1本勝負の試合では、調布市の子供達の方が勝ちたいと言う気持ちが勝り、三鷹市の子供達は気持ちの面で負けてしまったように感じます。
調布市との対戦は非常に勉強になり、三鷹市の子供達も調布市の子供達から見習うべき点が沢山あったことと思います。

調布市との対戦でやった「木刀による剣道基本技稽古法」が今までで一番良く、木刀の勢いは本当に素晴らしかったと思います。
子供達には自信になることでしょう。

試合終了後にミーティングを行い、試合の感想を一人ひとり聞きましたが、みんながみんな満足しておらず、次の試合に目を向けており、今までの強化稽古が無駄ではなかったことが伝わってきました。
目に涙を浮かべていた選手もいましたので、この悔しさを忘れずに、今後に活かしていってほしいと思いますし、その気持ちでやれば次回はもっと期待できると思います。
手応えのあった大会であり、近い将来、三鷹市は優勝できると思います。

表彰式では、先鋒の内藤さんが「優秀選手賞」として表彰されました。
受賞できたのも、内藤さんが努力した結果であり、チームとしてもとても嬉しく思います。
おめでとうございます。

三鷹市の合同稽古を含めると、10月から32回もの強化稽古を実施してきました。
なかなか7名全員がそろわず、少人数で稽古を実施した日もありましたが、強化稽古に参加できない子供達は、道場での稽古に加え、井口コミセンでの自主稽古や自宅での素振りなど、みんながとても努力していました。
頭が下がります。
この約5ヶ月間で、子供達は大きく成長することができました。
子供達はもうすでに次の目標に向かっています。
今回は入賞、いや優勝できませんでしたが、指導者も前を向き、今回の試合を次回につなげていきたいと思います。
今回は、子供達の努力を優勝という結果で出してあげられませんでしたが、やり切った、充実した大会でした。

来年はメンバーがガラッと変わるかもしれませんが、来年こそは絶対優勝できるよう、更に強化稽古を充実させていきたいと思います。

最後になりましたが、試合の応援や強化稽古への送り迎えなど、いつも強力にサポートしていただいているご父母のみな様に対し、厚くお礼申し上げます。
ありがとうございました。

また、Jr育成指導者も大変お疲れ様でした。
引き続き、来年度もよろしくお願いいたします。
そして、次回こそは絶対優勝です!

三鷹市剣道連盟
Jr育成指導者
武井 学

東京都少年剣道大会 20160313

カテゴリー: Mitaka_taikai_result, News, Taikai