西東京剣道選手権大会

7月6日、第18回西東京剣道選手権大会(東京都剣道選手権大会予選会)

が武蔵村山総合体育館で行われました。当日審判で参加した髙橋会長からの報

告をレポートします。

西東京剣道連盟からの大会結果報告追加

東京都剣道選手権大会要項

出場選手:152名

三鷹代表選手

坪地、藤野、下田、藤本、髙橋、齊藤、下田、宮崎、以上8名

4回戦((ベスト32))進出

藤野、齋藤、髙橋、宮崎

以下会長からのコメント

残念ながら4名共、ここで敗退し5回戦(ベスト16)進出はなりませんでした。ベスト16進出者+西東京剣連選出の12名、計28名が東京都剣道選手権大会(全日本選手権予選会)に出場します。三鷹からは藤野、髙橋、齊藤の3名が選出されました。 3名共、4回戦では敗れたものの延長戦までもつれ込みよく戦いました。そこが評価され選出されたものと思います。本大会出場3名は過去最多です。本大会での奮闘を期待します。尚、優勝は2年連続で神崎選手(国分寺)でした。

以上

カテゴリー: News