第三回JP少年少女剣道大会報告

第三回JPグループ少年少女剣道大会の結果をご報告いたします

日時:平成26年2月11日(祝)
場所:中央郵政研修センター体育館
主催:東京郵政剣道部
共催:関東郵政剣道部

[ 参加選手 ]

(三鷹武道館)
遠藤航、山本陽一郎、内藤秀一郎、岩倉聖吾、志賀一仁、清水悠生、金子春太郎、浦上周悟、中村海季、松本小百合

(西三鷹宗武館)
小室龍之介、星和磨、宍戸孝行、小寺俊暢

(三鷹警察)
寺勇樹、平櫛功志郎

(三鷹三中)
花岡暁、清水悠斗

(法政中学)
森谷瞭

監 督 小林克己(大沢儀剣道クラブ)
審判員 小室弘樹(西三鷹宗武館)
係 員 武井 誉(西三鷹宗武館)

入賞者
小学4年生の部で清水悠生選手(三鷹武道館)が3位入賞。

[ 試合結果 ]

添付をご覧ください。

[ 所感 ]
中学生の団体戦では、一回戦を代表戦で勝ち上がり、勢いに乗って今回優勝した下鎌田剣友会との2回戦に臨みました。それぞれの
持ち味を活かした試合展開となり、大将戦までもつれ込みましたが惜しくも敗れました。強豪チームを相手に接戦に持ち込めたことは、
次の試合への自信につながったと思います。

小学生の部は、中学生と試合が重なってしまい、急遽、武井学先生に監督をお願いいたしました。一回戦、Aチーム、Bチーム共に本
数差と、非常に惜しい内容でした。どちらの試合も、それぞれがあと一歩、実力を出し切れずに負けてしまいました。接戦の中で、普
段の稽古で身につけた技、気力をいかに発揮するかが今後の課題です。

個人戦では、小学4年生の部で、清水選手が3位に入賞いたしました。5試合場に分かれての進行だったので、全ての試合を見ること
は出来ませんでしたが、午後になり試合場の雰囲気にも慣れてきたのか、選手達は思い切りの良い試合をしておりました。ただ、負け
た試合では一瞬気を抜いたところを打たれてしまう場面が、多々見受けられました。この点も克服しなければならない課題かと思いま
す。

参加した選手は、強豪チームの選手と試合をし、試合終了後の稽古にて沢山の選手達と剣を交えることにより、普段の稽古では得ら
れない、貴重な体験をすることが出来ました。ここで得たものを道場に持ち帰り、各自のさらなる精進を期待いたします。

最後になりましたが、選手達に素晴らしい錬成の場を与えていただきました郵政剣道部の皆様に、心から御礼申し上げます。また、
今回、調布市錬成試合との日程が重なり、引率、監督が手薄なところを強力にサポートしていただいた御父母の皆様にも、厚く御礼申
し上げます。ありがとうございました。

文責:小林克己

カテゴリー: News, Taikai, Taikai_report