東京都民大会

東京都民大会
5月19日(日) 東京武道館

平成25年5月19日
都民大会及び女子都道府県予選の試合結果を報告いたします。


文責 武井学先生(西三鷹宗武館)

【都民大会】
監督 武井学(西三鷹宗武館)
先鋒 樋渡公愛(三鷹武道館)
次鋒 武井香(大沢儀)
中堅 武井忍(三鷹武道館)
副将 坪地宏彰(三鷹武道館)
大将 宮川健(西三鷹宗武館)

一回戦負け

対  豊島区   2-3
先鋒 コ メ  二本勝ち
次鋒 コ メ  ー  ド  2-1で勝ち
中堅 コ  一本負け
副将 メ  一本負け
大将 メ コ  二本負け

先鋒は落ち着いた試合運びで、内容も文句なく二本勝ち。
次鋒はいきなり胴を抜かれるも、力の差は歴然であり、その後二本返し勝利。
中堅、副将、大将共に、勝てる相手にも関わらず負け。
特に、副将と大将は高段者としての力を出すことができず、悔いの残る試合内容であった。
都民大会は勝敗が決するまで延長戦を行う大会であり、非常に難しい大会であると感じた。
今後は、合同稽古や強化稽古などを企画し、選手の強化が必要であることを認識させられた大会であった。

【女子都道府県予選】
出場 副将の部 武井香(大沢儀)

三回戦負け(ベスト4)

一回戦 不戦勝
二回戦ド  一本勝ち
三回戦 コ メ  二本負け

調子が悪かったにも関わらず、何とか二回戦を切り抜けたが、三回戦では国体選手であり、本大会優勝候補の選手に簡単に二本負け。
攻めやタメがなく、簡単に打ちに行ってしまうところが今後の課題であろう。
力があるだけに今後に期待する。

以上

タグ:
カテゴリー: News, Taikai_report